会報誌「サングラハ」第171号(2020年5月)について

2020年5月25日発行、全52頁、A5判、700円

目次

目次

■ 近況と所感…………………………………………………… 2

■ 六波羅蜜を学ぶ(1) …………………………岡野守也… 5

■ コスモロジー心理学入門(7) ………………岡野守也… 20

■ 痴呆、認知症そして老耄(認知障) (3) …大井玄…… 28

■ 仏弟子たちのことば(3) ……………………羽矢辰夫… 41

■ 名作再訪『自我と無我』(3) ………………増田満…… 43

■ 講座・研究所案内 …………………………………………… 51

■ 私の名詩選(70) 万葉集 川と水の名歌………………… 52

編集後記

 長期化が不可避らしい新型コロナウィルスという難題は、「近況と所感」のとおり、コスモスの視点で言えばまさに人類に与えられた「公案」のようです。

さて、今号より主幹の新連載として『唯識三十頌』では語られていなかった六波羅蜜論が始まりました。人生をこの大乗の修行の機会と捉えるなら、確かにどんな困難にも積極的に耐えられそうです。

コスモロジー心理学入門では、これまで取り上げた主要学説が裏付けるコスモロジー的「創世記」、すなわち一つの宇宙エネルギーの進化史という、人類が共有できる新たな「大きな物語」が語られています。

大井先生の連載では、北欧ケアに対して、かつての日本のケア体性の貧弱さが際立っています。特に精神科医療の姿は奇怪なほどですが、それは残念ながら現在に続く姿でもあるようです。

羽矢先生の連載では、最初の仏弟子の一人・アッサジの謙虚さが印象的です。

増田さんの名作再訪では、主幹による『自我と無我』の最終回、ウィルバー・コスモロジーと、全体の結論について語られています。

(担当)

会報誌「サングラハ」ご講読のご案内

会報誌「サングラハ」は、購読料5,000円で年6回隔月発行・お届けしています。

お問合せ・お申込みは、こちらの専用フォームをご利用ください。

お名前 必須

ご職業必須

会社名・団体名任意

メールアドレス必須

電話番号必須

郵便番号必須

ご住所必須

お問合せ内容必須

以上の、ご入力頂いた内容につきましては、
回答のために運営事務局内で担当者に共有させて頂くことがございます。
ご了承頂けましたら、以下のボタンより送信をお願いします。
目次
閉じる