龍国寺講座

サングラハ講座

こころを磨く四つの方法―道元禅師『正法眼蔵・菩提薩埵四摂法』を学ぶ

『正法眼蔵』は、曹洞宗の祖・道元禅師(1200-1253)の主著で、「正しい真理の教えの眼すなわち精髄の蔵」を意味し、曹洞宗門の聖典であることはいうまでもありませんが、だれにでも通じる人生の真理を語った思想書としても広く知られています。 ...
サングラハ講座

よく生きよく死ぬために―道元禅師『正法眼蔵・全機』を学ぶ

 『正法眼蔵』は、曹洞宗の祖・道元禅師(1200-1253)の主著で、「正しい真理の教えの眼すなわち精髄の蔵」を意味し、曹洞宗門の聖典であることはいうまでもありませんが、深く普遍的な真理を語った哲学書としても広く知られています。  前回の...
サングラハ講座

道元禅師は何を伝えたか―『正法眼蔵』入門

 すでによく知られているとおり、道元禅師(1200-1253)は、鎌倉時代の禅僧であり、曹洞宗の開祖です。栄西(臨済宗)、法然(浄土宗)、親鸞(浄土真宗)、日蓮(日蓮宗)、一遍(時宗)と並んで「鎌倉仏教」の代表的な存在とされます。  禅師...