会報誌「サングラハ」第169号(2020年1月)について

2020年1月25日発行、全52頁、A5判、700円

目次

目次

■ 近況と所感…………………………………………………………… 2

■『唯識三十頌』を学ぶ(10) ………………………………岡野守也… 6

■ コスモロジー心理学入門(5) ……………………………岡野守也… 14

■ 痴呆、認知症そして老耄(認知障) (1) …………………大井玄…… 21

■ 仏弟子たちのことば(1) …………………………………羽矢辰夫… 32

■ 名作再訪『自我と無我』(1) ………………………………増田満…… 34

■ ベラー『徳川時代の宗教』を巡って(16)……………………三谷真介… 41

■ 講座・研究所案内 ……………………………………………………… 50

■ 私の名詩選(68) 良寛の冬の歌………………………………………… 52

編集後記

 新年号は三本の新連載がスタートしています。

 まず、東大名誉教授で医師であられる大井玄先生の「痴呆、認知症そして老耄(認知障)」。敬意とやさしさのある環境では、認知症に付き物とされるつらい症状が起きないというのは目からウロコの事実です。身近に要介護老人を抱えている方、将来に不安を感じている方に必読です。

 また、羽矢辰夫先生は「仏弟子たちのことば」を開始されました。より親しみやすい仏弟子たちの姿が楽しみです。

 増田さんからは岡野主幹の過去の著作再訪のご寄稿をいただきました。歴史的大誤解をスッパリと正した名著、今こそ世に知られてほしいと思われます。

 岡野主幹の唯識講義録は、今回は五位説の全体像の話です。現状の世界がどれほどそこから遠くとも、ともかく私たちに覚りの可能性が与えられていること、それを知るだけでも希望が湧いてきます。主幹のコスモロジー記事は、私たちの命の連続を担うDNAによって、全生命の一体性が確認されていることが語られています。

 三谷記事は内面象限の復権に関しウィルバーの視点を借りて論じています。

                       (編集担当)

会報誌「サングラハ」ご講読のご案内

会報誌「サングラハ」は、購読料5,000円で年6回隔月発行・お届けしています。

お問合せ・お申込みは、こちらの専用フォームをご利用ください。

お名前 必須

ご職業必須

会社名・団体名任意

メールアドレス必須

電話番号必須

郵便番号必須

ご住所必須

お問合せ内容必須

以上の、ご入力頂いた内容につきましては、
回答のために運営事務局内で担当者に共有させて頂くことがございます。
ご了承頂けましたら、以下のボタンより送信をお願いします。
目次
閉じる