新刊『「金剛般若経」全講義』(岡野守也著)

研究所主幹・岡野守也による新刊『「金剛般若経」全講義』が刊行されました。研究所会報の連載をもとにした、大乗仏教のエッセンスを語るかつてない全文講読の書籍化です。ぜひご購読ください。

釈迦(ブッダ)と十大弟子のひとり・須菩提(スブーティ)との会話に学ぶ、「空」の思想、「菩薩」の生き方…正しい覚り、深い安らぎの境地への道。
「どんなに強固な悩みも根っこからすっぱり断ち切ってしまうことのできるダイヤモンドのような心のコントロールの智慧と方法」を説く『わかる金剛般若経』

『金剛般若経』は、本文でも触れたが、いわば「空(くう)」という言葉を使わないで空を説いた大乗仏教の経典である。本書は、現在一般に入手可能な『金剛般若経』の全文講義としては、筆者の知る限り唯一のものである。
「空」という言葉を知らない日本人はいないだろう。だが、大乗仏教の中核的なコンセプトとしての「空」の意味が分かっている人は、どのくらいいるのだろうか。かつての筆者がそうだったように、わかりたいと思いながら、なかなかちゃんとわからせてくれる本や人に出会えていない方が多いのではないだろうか。

『金剛般若経』そして空がわかると、覚るというところまで行かなくても、かなり心が軽くなる。軽くなるだけでなく、心がしっかりと落ち着いてくるはずである。
今、日本人の精神的なアイデンティティの基礎であった神仏儒習合(神・仏・天地自然・祖霊をほぼおなじものと思うような日本的心性(メンテリティ))の中核である大乗仏教の、さらに中核にある空・智慧と慈悲という思想がわかるということは、日本人としての自分のアイデンティティの再発見・再確立の確かな基礎になるはずである。アイデンティティが確立すると、言うまでもなく心が落ち着くのである。

(「あとがき」より)

hyoushi

岡野守也著
大法輪閣
http://www.daihorin-kaku.com/book/b251681.html
本体2,500円+税
2016/10/15発行

2016/10/19