会報『サングラハ』第154号(2017年7月)について

 会報『サングラハ』154号の発行についてお知らせします。
 各会員には、8月上旬到着予定です。(編集上の都合で遅れておりますこと、ご容赦ください。)
 会員以外の一般の方で購読希望の場合は、当HPフォームメールまで号数・冊数を記載しご注文ください。(編集担当)
*単独の号のみのご注文もお受けしています。
 *PDF版は次のリンクの販売ページからお求めになれます。

【会報『サングラハ』販売ページへ】

『サングラハ』第154号

2017年7月25日発行、全52頁、A5判、700円

目 次
 ■ 近況と所感 …… 2
 ■『如来蔵経』を読む (1)……岡野守也… 4
 ■ 唯識心理学と論理療法を融合的に学ぶ(4) ……岡野守也… 11
 ■ 新・ゴータマ・ブッダのことば(6) ……羽矢辰夫… 27
 ■ トランスヒューマンはどのようにしてクリエーター階級から生じるのか ……増田満… 29
 ■ 講座・研究所案内 …… 49
 ■ 私の名詩選(53) 木下夕爾「晩夏」  …… 52

(編集後記)
 気候変動が加速化しています。「近況と所感」のとおり、私たちも無力感ではなく微力感、さらにその先へ行きたいものです。
 今回から岡野主幹の『如来蔵経』講義が始まりました。最近の講座の文字化で、今回の講義では仏教の進化の方向性がテーマですが、その中で、如来蔵思想が唯識のベースになっていること、かつ人類や世界に絶望せず可能性を見出し、さらにそれを実現するための原点となることが明確にわかります。
 主幹の唯識と論理療法の講義録は、今回から論理療法に入りました。唯識と融合して理解することで、非合理な=役に立たない思いをもつことでいかに心は苦しみ病むのか、それに対してなぜ論理療法の効果が顕著なのかがスッキリと納得できます。
 羽矢先生は引き続きブッダの覚りと思想形成を語られており、大乗にも一致する仏教の核心とともに、ブッダ後の発展とは何なのかが、原点を学ぶことで一層はっきりしてくると思われます。
 増田さんの記事では、前回のJ・アタリの未来予測で登場する持続可能世界のリーダー層「トランスヒューマン」が、なぜ現在の産業社会の超エリート層「クリエーター階級」から生まれてくるのか、一見矛盾する両者の間の連続性が、ウィルバーの発達段階論の枠組みから理解できることが説かれています。(編集担当)
 

2017/08/02