会報『サングラハ』第159号(2018年5月)について

 隔月刊の会報『サングラハ』について、159号(2018年5月号)の発行をお知らせします。
 各会員には6月上旬に到着予定です。
 会員以外の一般の方でもご購読いただけます。当HPフォームメールまで号数・冊数を記載しご注文ください。
 *PDF版は次のリンクの販売ページからお求めになれます。

【会報『サングラハ』販売ページへ】


『サングラハ』第159号

2018年5月25日発行、全52頁、A5判、700円

目 次
 ■ 近況と所感 … 2
 ■『如来蔵経』を読む (6) 岡野守也… 4
 ■ 唯識と論理療法を融合的に学ぶ (9)   〃   … 19
 ■ 新・ゴータマ・ブッダのことば (11) 羽矢辰夫… 33
 ■ 渡辺京二と近代の超克 (7) 高世仁… 35
 ■ 中立国スイスとスウェーデンを参考に将来の民主主義国の在り方を考える (2) 増田満 … 40
 ■ 書評『徳川時代の宗教』(R・N・ベラー) (7) 三谷真介… 47
 ■ 講座・研究所案内 … 50
 ■ 私の名詩選 (58) 薔薇の名詩 … 52

 編集後記
 主幹の如来蔵経講義は今号が最終回、巧みな譬えで私たちの命に仏性があると語りかけ、それを開くことを促してくれる、混迷極まる現代へのメッセージともなるお経でした。
 唯識と論理療法講義は、今回論理療法と仏教の融合として、修行で陥りがちなビリーフを論破していきます。論理療法は不可欠の「資糧」となるでしょう。
 羽矢先生は淡々と静かなブラフマー神の懇願と退場の様子を、高世さんは若い世代による現場からの近代超克の試みを、増田さんは武装中立国が歩んだ戦中の苦渋の道程を、編集・三谷は近代主義者であったベラーが見た日本精神を、それぞれ取り上げています。(担当)


 

2018/05/27